2014年05月25日

世界に誇る!!名古屋のマウンテン






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



どんなに偉大な登山家でも






一歩じゃ山は登れない








一歩一歩歩き続けたその先に






てっぺんは見えてくる







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜













おひさしぶりです







みなさん、お元気でしたか?








そうです!!




こうやって真ん中に文字をそろえたり




いきなり詩を書いてみたり






こんなことをするのは





名大CARPにはしかいません







太陽です











太陽の感動的なブログを待っていたみなさん






お待たせいたしました!!












今日は「山」について書こうと思います












みなさんは「山」と言われると何を思い起こしますか?











富士山と答えたあなた







静岡県民として、この答えは非常にうれしいですね(^^)









エベレストと答えたあなた







世界を見ていますね、きっと大物になれますよ












今日は名古屋にある山のことを書きます











名古屋にある山・・・










何でしょう?














ジャン!!









20140525180458034.JPG












これです











喫茶マウンテン










知らない方のために解説






当初は近隣の大学生向けに大盛りスパゲティやピラフを安く出すことを特徴と
する店であったが、「甘口抹茶小倉スパゲティ」をはじめ、「味噌ピラフ」、
「サボテンピラフ」、「甘口いちごスパゲティ」といった数百種類に及ぶ多様
な「奇食」メニューで有名になった。奇食故に完食できない者もおり、途中で
断念することを「遭難」、完食したことは「登頂」と言い表す。


参照 wikipedia











名古屋に住みながらここに行ったことがないのはまずい











ということで











舎弟であるホーク君と共に









食べに行きました


登りに行きました














こうして日曜日の午後のサバイバルが始まったのです















僕がチャレンジしたのはこれ!!








20140525180455863.JPG











甘口抹茶小倉スパ










甘〜い抹茶が練りこまれたアツアツの麺に








生クリームとあんこが載ってます









一口目 うまい



二口目 いけるいける



三口目 甘いなぁ



四口目 味が変わらないなぁ



五口目 やっぱ甘いなぁ



六口目 そろそろ飽きてきた



七口目 もういいんじゃない?



八口目 飽きた



九口目 うぅぅ



十口目 ちょっと休憩しよう








数々の店の食べ放題を勝利してきた私であるにもかかわらず





苦戦を強いられる






これが山の厳しさか・・・















と、ここでホーク君の注文した料理も来た!!








1401008312497.jpg






甘口いちごスパ






イチゴが練りこまれた麺に砂糖がまぶされ





イチゴとキウイとやはり生クリーム














こちらの戦いの模様は写真でどうぞ








1401008333020.jpg







苦しいッ












ここで太陽は登頂成功










刺激を受けて










1401008469017.jpg














登頂成功















口に入れても体が噛もうとしてくれない








しばらく甘いものは見たくもない









深い傷を負いながらも・・・






みごと勝利を果たしました




















しか〜ッし











山の険しさはこんな簡単に超えられるはずがなかった











ジャン!!







20140525180457158.JPG









スパゲッティによる苦戦を予測していなかった僕たちは









なんと、もう一品頼んでいたのであった!!!!










絶望・・・



















しか〜ッし








20140525180457385.JPG









ここで太陽が本性を発揮

















無事てっぺんまで登頂に成功したのでした












































あれ?



何の感動もない



ただのバカげたコンビだ



ま、こういう日もあって良いか・・・



最後にこの記事の一番最初に書いた感動的な詩をもう1度
















どんなに偉大な登山家でも






一歩じゃ山は登れない








一歩一歩歩き続けたその先に






てっぺんは見えてくる














posted by 名大CARP at 21:44 | Comment(7) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

ハッピーバースデイ

こんにちわわ!名大カープのダイです.
















えっ?名乗らなくてもわかるって?

















こんにちわわなんて,ほかの人は言わないって?

















ほほう,あなたは鋭い.

















名大カープのことをよくご存じですね.

















ということでそんなあなたに,名大カープでの出来事を一つ紹介いたしましょう.

















ちょうどこの前,1/15は....

















太陽君の誕生日でした〜〜〜☀
















パチパチパチ💡

















今年で,太陽君は22歳になりました.

















ということで,みんなから太陽君へプレゼントの贈呈です‼



IMG_3404.JPG

















帽子はホーク君

















セーターはわさびさんが一生懸命選んでくれました.
















写真にはないですが,私からも本をプレゼントしました.

















そしてそして

















ペコさんからはーーー

















どどん












ケーキ.JPG















手作りのケーキのプレゼントです!

















太陽君の大好きなサッカーのフィールドがデコレーションされています👀

















ペコさんの投入に感動です❗

















ここで,太陽君からも受けるのも嬉しいけど,みんなに何か与えたい!!!ということで



IMG_3356.jpg
















名大カラーのバッグと手紙を一人一人にプレゼントしてくれました‼

















そして,みんなからのメッセージと新しく22歳になった太陽君の抱負を語ってもらいました.
















その場はまさしく太陽を中心としてまわる世界のように,太陽君を中心として暖かな,和やかな場となりました.

















最後にみんなで記念撮影📷

















みんなの暖かな想いがあふれるひとときに感謝☀

















ではでは

posted by 名大CARP at 10:18 | Comment(2) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

おもてなし

こんにちは.名大CARPのダイと申します.






最近は寒いですね.昨日はなんと名古屋で雪が降りました.(ほんのわずかですが)

















今回は名城・中京大学CARPのコウさんが書いていたおもてなし記事の第2弾(勝手に第2弾としています)ということでお伝えします.













ただいま就活の身でありまして,さまざま準備をしております.













その中で少し前就活用のスーツを購入のため,一番近くにあるAOKIに行ってまいりました.













平日の午前中に行ったので,人はあまりおらずといった状況でした.














就活用スーツのコーナーに行って,スーツの値段をまず確認(貧乏人の癖が出てしまいます)














※二週間ほど前に下見に行ってその時リニューアルオープンで就活用スーツが半額だったため














すると,気になっていたスーツの値段が半額ではなくなっているではないか!














絶望し立っていた私...するとAOKIの女性店員さんに声をかけられた.














そこで,スーツが半額でなくなってしまっていることを伝えると,店員さんはいったん引っ込んで,そして戻ってきて














「半額になりますよ」














と救いの一言.





やったーー,よかったーー.何とか予算という第一関門をクリアする.














「試着されますか?」














と言われ,じゃあお願いしますと伝える.














試着では,一番リーズナブルなスーツと一番売れている人気のちょっと高いスーツを着ることに.














実際に着てみると高いスーツのほうが腰付近がすっと細くなっていてかっこいい.そう思っているところに,店員さんも














「こちらのほうがすっと見えてかっこいいですね」



とフォロー















クーー!うまいな店員さんとわかっていながらも悪い気はしない状態に.














それもそのはず.














実は,二週間前にAOKIに行ったとき男性の年上のいかにもベテラン,いかにも主任のような店員さんに対応して頂きました.














その時も試着をしたが,スーツがいいものなんだという感じで,また値段の相談しますよと言いつつ,値札に書いてある値段からは下げないといった姿勢を感じ,あまりこちらが立てられていないと感じてしまったという経緯があったためである.













なので,今回の店員さんはAOKIのものがよいと主張するわけではなく,お客様を立ててくださっているなあと感じました.


















話は戻って...














明らかに高いほうがものがいいと自分でもわかり,店員さんの姿勢にも感動し,また,大学生は10%オフもあるといわれ,就活スーツは社会に出ても使えるものだから長い目を見ていいもののほうがいいだろうと思い,高いほうを買いました.



¥23,000円なり〜














店員さんの丁寧な接客のおかげか全然損した・負けた気分にはなりませんでした.




※店員さんの完全勝利













そして,ほかに何か必要なものはありますか?と言われ,














「コートも探しています」




「あっでも前回店員さんにコートは一番安いものでいい(AOKIの一番安いものは10,000円程度)といわれたので,10,000円くらいのもので探したいんですけど」




と伝えました.それで4着くらい持ってきて頂きました.














3着着て最後のコートを着ようとしたときに,店員さんから














「これは,元値が30,000円のもので半額なので15,000円で10%オフを適用したら13,500円くらいになります.中にインナーが入っていて温かいですよ」と言われ,きてみる.

(ここで,10,000円のコートも元値は20,000円のものだったとわかる)













実際着てみると,温かいし見た目も腰が細くなっていてスタイリッシュに見える.














そこですかさず店員さんが














「スタイリッシュに見えますね.」



と一言.














いやーーーさすが店員さん.プロだ!と思った.






最後にいいものを持ってきて,しかもそれが明らかに一番よく見えて,値段も10,000円プラスとかじゃなく3,000~4,000円程度のプラスだからこれにしたいと思うやんか〜〜.






しかし悪い気はしない.














めっちゃ悩んだ末,コートは面接では使わないのでそれほど見た目を気にする必要はないこと,スーツで高いものを選んだのでコートは少しでも安く済ませたいこと,あと負けず嫌いな性格(余計?)のゆえに安いほうから気に入ったものを選びました.














それでも店員さんは「わかりました!」と態度を少しも変えることなく,快く対応していました.
















その姿に感動を受けました.














そこで対応が変わらないのは,その店員さんが商売であるにせよ,お客様のためにというおもてなしの心を持っているからじゃないかなと感じました.














(あと,ほめるのがうまい!という面しか取り上げていないのですが,実際はお客様主体として対応されているのが伝わってきました)














こんな身近なところで日本の「おもてなし」文化を感じました.














お客様第一に考える対応が徹底している日本はすごいと思います.














「おもてなし」は日本が世界に誇れる文化の一つだと思います.














このように先駆けて社会に出て素晴らしい姿勢を持ってくださっている方々に感謝し,私も社会に出ていく身として見習いたいなと感じました.


















以上で私からの報告を終わります.














では皆さん!よいお年を!
posted by 名大CARP at 11:36 | Comment(6) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

グリーンメシヤ

こんにちは,名大CARPのダイです.







太陽君に,更新しろ!更新しろ!と言われて更新にいたりました.(しばらく更新しなかった私が悪いです,すいません...)








最近名古屋は暑い晴れですね!


今年は,例年に比べても暑くなりそうですあせあせ(飛び散る汗)









大学も利用電力に上限があるので,クーラーをこの時間消してくださいあせあせ(飛び散る汗)と電気の節約に必死です.









暑いのに強いという人も,名古屋のムシムシする暑さには耐えられないという人が多いそうですよ.


自分の汗だか,空気中の水分が顔にまとわりついているのかわからないあのベタベタ感が多くの人の葛藤を呼び起こしているようです.

















ということで今回のメインテーマなんですが,もうすでにこれまでの文章の中に伏線を張りましたexclamation







それは,



ムシムシ”...













ムシ













そう,今回のテーマ“ミドリムシ”です!!!







実は授業のなかでミドリムシによる癌検出”という内容がありました.







講師は名大工学研究科の馬場嘉信講師で,あの“世界一受けたい授業”目にこのミドリムシの研究で出たことのある方でした.











まず,癌について


癌の転移は,癌細胞が血液中を循環しさまざまな部位に行きわたることで転移します.


癌での死亡率は最初に発見された癌よりも,転移による再発によるものが圧倒的に多いそうです.


その血液中の癌細胞の量というのは,10mlに対し数個〜数十個程度であり,これは相当に少なく検出するのは簡単ではないそうです.











そして,ミドリムシとは,みなさんご存じのとおり

IMG_7532.jpg


のような生き物です.


のような部分を使って移動することができます.


しかし,移動することができるので動物類かと思いきや,植物が持つ葉緑体も持ち合わせています.なので,ミドリムシは動物類か植物類かはっきりと分類分けはされていません.















この“ミドリムシ”を使っていったいどのように血中の癌を検出するのでしょうかexclamation&question












それは,末端に癌細胞がくっつくような分子をつけた糸状のものをミドリムシに刺します!









その数なんと3000本!!!




そんなに刺したらいくら単細胞生物のミドリムシでも死んでしまうのでは...どんっ(衝撃)














そんなことありません.ミドリムシは雄々しく動きます.











これで準備はOK!



このミドリムシを癌細胞が存在する液中に放って泳がせます.



一応ですが,まだ体内の血管中にミドリムシを入れた実験は行っていないそうです.(まあそうですよね)








すると,ミドリムシは体の周りに癌細胞をくっつけながらおよぎます

IMG_5635.jpg











そして,ミドリムシは“光を当てると光から逃げようとする”という特性から,誘導することができます.このようにしてミドリムシを出口へ導いていきます.




IMG_7236.jpg










このようにしてミドリムシで液中の癌細胞を検出するということでしたexclamation









すごく斬新なアイディアですよねexclamation×2







将来これが実用化されたら,ミドリムシは今まで理科の教科書にのみ登場だったのが,一躍救世主になりますよねexclamation×2









ぜひこれからミドリムシを見かけたときは,がんばれひらめきと言ってあげてください.



















そして,皆さんも型にとらわれない豊かな想像力で道を切り開いてもらえたらと思います!!!












「俺は,ゾウリムシで癌を検出する!」










「いや,俺はゾウリムシでゾウリを検出する!」








Etc...





Fin
posted by 名大CARP at 08:54 | Comment(2) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

21のthanks.

はじめまして!
期間限定、今だけ遊びに来ているまろです(*^^)v
ダイさん、太陽さんが書けと言って怖いので頑張って書きます!(嘘です)



まろは、中学の先輩から“ぽいから”というだけの理由で名づけられ、そのアイデンティティをいただいてから早いもので10年がたちました。


今だけ名大CARPにお世話になっています。



ここはとても暖かいです。
気候もそうだし、みんなの人柄も。



自分は神奈川育ちです。
だからか、何かつっこむとそれが鋭い(厳しい)と感じられるらしく、「やっぱ東京は黒いなァ〜」と言われます。


あれ?向こうではボケボケキャラだったのにな。
確かに、去年一年とか最近の環境変動によって変わっているかも。




てか、「東京=黒い」という定義があったとは。笑





とにかく、今までとは違うスタートを切っている気がする今日この頃。








昨日はなんと映画「シンデレラマン」を見ました!!







あぁーーーー感動した!!









終わった瞬間、目の周りが硬直していました。それほど、目に力が入っていたんですね。



見たことあります?




マーチさんにめちゃオススメされて見たんですが、自分もめちゃオススメします!!





あんなに映画を見ながら「お願い!!!」と思ったことはないでしょう。
筋肉痛になりそうなほど手を組んで「お願い!!!」と思ったことはないでしょう。






舞台はアメリカ。家族もちの一人のボクサーの人生を綴っています。

始めは名を輝かせるような強いボクサーだったけど、あることをきっかけに戦えなくなり、仕事がなくなって貧困の中で苦労する。
貧しすぎて電気も止められ、子供の病気を治す薬も買えない。
そんな中、良心的なマネージャーによって再びリングに立てる機会を与えられる。






“何のために戦うのか”






自分が何のために頑張ろうとしているのか。



いわゆる動機というものが、困難を越える武器になることを知りました。






その中で私は一番何に感動したかというと




お父さんって、子供のために、妻のために、家族のためにこんなにも頑張るの



ということ。



親ってこんなにも家族のために犠牲になれるのだ




と。














なんということでしょう。













私もそんなに愛されていたんだなあ。







そう、


愛されているのだ。









実は今まで、親に対して愛を感じて感謝の思いは抱いていたものの、それを表してきませんでした。
恥ずかしいしね。^^;




あと、大きな愛に対して、なんかそれを受け止める器がないのかわからないけど、
受け止めることも不十分だったと最近思っていたところでした。



そう思って、
最近の自分のブームがあるんです。



ぴかぴか(新しい)毎日21個、感謝だと思ったことを書き出すぴかぴか(新しい)



です。



21個です。
意外と難しいんですよ。





生活の中に、感謝すべきことっていっぱいある。



「今日も疲れた」


って帰ってくることも沢山あるけど、生きている限り感謝すべきことっていっぱいある。
それに気づけていないだけで、いっぱいあるはずだ。



そう思ってさがします。




そうやっているうちに、
究極的に愛してくれているに対しても、感謝できるだろう。



本当は100くらい愛しているのに、30くらいしか気づけてないかもしれない。




親の愛が本当にわかる時って、
子供が親の立場になったとき




って言うよね。








親の愛に少しでも多く気づいて受け止めてくれる子供って、
親からしたら嬉しいだろうな。






そう思って21個書いています。











たとえば…




・何も言ってないのにとってほしい物をとってくれたこと

・ずっと洗えてなかったナマケモノ型アイマスクを洗って日光に当てられたこと

・「毎日頑張っていてすごい」と励ましてくれるココちゃんがいること

・甘いもの食べたいの我慢して帰ったらすんごくおいしいパウンドケーキを作っていてくれてたこと

・可愛いネコとじゃれあったこと

etc..








書いているうちに、だんだん書くことが無くなってきます。
でもさがす。




・雨だったけどチャリで無事帰れたこと

・涼しかったこと

・みんなが元気でいること

・眠たかったけど今日一日活動できたこと

・私の話を聞いてくれること

・呼吸していること

・手首に指を当てるとちゃんと脈を打っていること

・私一人ではないこと






そうしているうちに、

あぁ、私って、なんだかんだ愛に包まれているんだなあ。




と思います。







当たり前だと思っていることも感謝する。









でもまだまだ気づけてないことがいっぱいあるんだろうな。








シンデレラマンを見ていてそう思いました。
その主人公は、家族のために必要あらば、過去契約していたところの上司に物乞いをすることをいとわない。


家族の前に、自分の名誉・体面はなんでもなくなるのだ。






愛ってなんだろう。




その深さに気づいていきたいまろでした。











ちなみに今日の感謝したこと。

・気づかぬうちに自分のおにぎりを作っていてくれたこと

・ホークくんの作ったご飯がおいしかったこと

・今やるべきことをマーチさんの言葉によって悟れたこと

・久しぶりに晴れたこと

・歌えたこと

・坂道をものともせぬ筋肉があること

・感動できる心があること

・みんなが帰ってくること







次は、、、






・これを見て感謝の生活をしようと思ってくれる人が増えること









ありがとうございました。




posted by 名大CARP at 17:53 | Comment(10) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする