2016年07月30日

第5回 沖縄基地問題 鳩山発言


第5回

DAISONです!
前回普天間飛行場を移設するようになった流れを簡単に紹介しました。






その中で、これまでの状況を一変させた事件があります。
それが当時の鳩山首相の「最低でも県外」発言です。



Baidu IME_2016-7-4_0-6-24.jpg




2009年に民主党が初めて政権を取ったとき、
鳩山由紀夫首相は普天間飛行場の移設を「最低でも県外」と発言し、
これまでの状況が一変したことがありました。
しかし、結局認識が甘かったとして、県外移設をやっぱり無理だったと訂正し、
内閣も総辞職に追い込まれました。





Baidu IME_2016-7-4_0-6-48.jpg






考えてみれば、普天間基地は飛行場なのです。
沖縄の米軍基地から飛行機を持ってきて普天間の飛行場で飛ばすのです。





それを県外、ましてや国外に移設するとどうなるでしょうか?
沖縄から船で海外まで飛行機を運びだし、そこから飛行場へ持って行って飛ばす。
これはどれほど非効率なことでしょうか?
もしもほかの国から攻撃された、とか
国内で大きな災害が起きたなどの有事の際に迅速に動くことは不可能となります。
米軍基地と飛行場はセットなのです。






それを考えたら、鳩山首相の発言は明らかに
認識不足としか言いようがありません。
国外移設、県外移設これが不可能なことは
この19年間で十分すぎるほど学んだはずです。






沖縄県民の安全な生活を守るためには、
私はもう辺野古に移設するしかないと思います。
このままでは、この先50年60年
普天間飛行場が残り続けてしまうことになってしまいます。





By DAISON



↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村


posted by 名大CARP at 00:00 | Comment(0) | 時事・社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: