2016年06月18日

中国の夢 第2回

前回に引き続き中国の夢part2





「中華思想」を中心に中国について見てきました。
歴史的にアジアの中心国家たる中国。
それが一気に崩壊するのが、アヘン戦争、アロー戦争からの日清戦争でした。






app-094564900s1387500431.jpg
okinawatabirogu.ti-da.net-引用





欧米からは「眠れる獅子」と言われ、恐れられていた中国ですが、
「我が国は最強だ!」と思っていたため、
欧米の先進技術を取り入れることをしませんでした。
というか、最強の国なんだから、周りの弱小国家から学ぶことはないと驕っていたのです。
しかし、そうしている間に文化面や、技術面、軍事力において大きく後れを取ってしまったのでした。






欧米列強の侵略に対し成す術がなかった中国は
アジアの中心、世界の中心の座から引き摺り下ろされてしまいます。
しかも中国にとっては周辺の小国である日本に戦争で破れてしまい、
その威信は完全に失墜してしましました。





中華人民共和国建国以来、中国はその威信を取り戻そうと
様々な政策を打ち出してきました。
数年以内に経済力で英国を追い抜く「大躍進」(58年)政策から、
反革命分子を打倒し正しい社会主義文化を創生する「文化大革命」(66年)
皆が金持ちになる「改革開放」(78年)このような中国の復活こそ、
まさに「中国の夢」だと言えます。







そして今回、習近平国家主席は「中華民族の偉大な復興」を掲げ、
国民を熱中させる中国の夢を煽り続けています。






2013年3月14日、習近平は国家主席に選出された後、3月17日の第12期全国人民代表大会第一回会議の閉幕式で以下の演説を行いました。


小康社会の全面完成、富強・民主・文明・調和の社会主義現代化国家の完成という目標の達成、中華民族の偉大な復興という夢の実現は、国家の富強、民族の振興、人民の幸せを実現させるものである。中国の夢とはつまり人民の夢であり、人民と共に実現し、人民に幸せをもたらすものだ。







もちろん中華思想・華夷思想といった自民族中心主義は中国に限った話ではありません。
多くの国々でこのようなしそうはあるわけです。
また、今の中国人一人ひとりが、このような思想に基づいて行動しているというのも違うでしょう。
民間では友好的な人材や物資の交流が行われていますし、
大学を覗いても中国からの留学生はたくさんいます。






日中ゆうこう.jpg
a-great-japanese.doorblog.jp-引用





しかしながら、その中枢である中国共産党の国家戦略を見れば、
必ずその背後に中華思想があることが伺えます。
現在中国は着実に軍事力を蓄えており、
また、近隣の国々への侵攻を繰り返しています。

現在の中国は確実に世界の中で覇権を取ろうとしています。
アメリカと対等に並ぶ、大国に成長することを目指しています。
このような国が、日本のすぐ近くにあるということは、
わが国日本にとって大きな脅威であると言えます。
メディアを見る限りこのような中国の危険について報じられることは少なく、
日本人は中国に対する危機意識が甘いとおもいます。







わたしたちはもっと中国の本当の姿を知らないといけません。
今回は中華思想について取り上げましたが、
現在の中国にはその根底に有るもうひとつの思想があるのです。
この思想の方こそ、より重要であると言えます。
それは・・・







参考URL
www.sankei.com/column/news/160429/clm1604290005-n1.html
shuchi.php.co.jp
www.ab.auone-net.jp/~tsuka21/theme/sakuho.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/
www.cnn.co.jp/world/35045540.html




by DAISON



↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村
【連載特集‼ 大学生による大学生のための「思想学」の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: