2014年10月11日

名大の教授,ノーベル物理学賞受賞!!!

こんにちは,みなさんお久しぶりです,久々の更新のダイです.
















早速ですが!

















10月7日に何があったかみなさんご存知ですか?

















そう!

















それは皆さんもご存じ!

















ノーベル物理学賞で,名古屋大学特別教授である赤崎教授と天野浩工学研究科教授が選ばれたことです!

















夕食時に発表されたのですが,その日のうちに大勢の記者たちが名大IB館の天野研究室に押し寄せてきました!
(天野先生はフランスに行っていましたが)

















私もどさくさに紛れてやじうまとして,その研究室を見に行ったのですが...





貴社.JPG



(;゚Д゚)

















次の日,朝のニュースでは,この廊下がばっちりと写っていました(笑)

















赤崎先生は,名古屋大学で助手・講師・助教授をされ,1981~1992年まで名古屋大学の教授を務められました.



その後,名城大学の終身教授(名古屋大学特別教授兼任)として務められています.

















2006年に,名古屋大学に赤崎記念館が立てられ,赤崎先生の研究業績が展示されています.

















名大に立ち寄られた方はぜひ来てみてください!






赤崎記念館.JPG

















天野先生は,名古屋大学で工学科教授をされていて,授業では半導体工学の授業を教えてくださっています.


日曜日も研究室に通うほど熱心に研究に打ち込まれる方です.

















また,余談ですが,天野先生は浜松西高校出身だそうですよ.

















さて,みなさん今回,赤崎教授と天野教授と中村教授が青色発光ダイオード(青色LED)を開発・実用化したとしてノーベル物理学賞を受賞しました.

















青色LEDは,携帯電話のバックライト・大型ディスプレー・信号機・照明など,日常のいたるところに応用がされています.

















LEDは非常に消費電力が少ないメリットがあります.


青色LEDの開発により,光の三原色のLEDがそろい,あらゆる色を表現できるようになりました.


そして,LEDの応用範囲が広がっていきました.


















赤崎先生・天野先生・中村先生が青色LEDを開発するまで,実用化できる高い輝度(明るさのこと)を持ったものがなく,高輝度化が課題となっていました.

















そのような中で赤崎教授・天野教授が,窒化ガリウム(GaN,研究者の中では”ギャン”と略します)という材料を使って実用化できる高輝度な青色LEDを初めて開発し,中村教授が実際の実用化に成功させました.

















20世紀中には無理ではないかと言われていたものを開発し,半導体分野に大革命を呼び起こしました.





















ということで,この興奮が冷めやらぬ中,今回ノーベル物理学賞について紹介しました.

















名大の工学研究科では,お祭り騒ぎのようになっています!


















工学研究科で研究している私にとって,こんな身近なところでノーベル賞受賞者が出るとは思わず驚きでした.

















うちの先生も影響を受けて,さらにやる気になっていました(笑)














ぜひこれをきっかけに,名古屋大学のことを少しでも知ってもらえたら嬉しいです!
















では.

posted by 名大CARP at 10:16 | Comment(2) | 名大ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
chehonさん>

誰よりも早いコメントカムサハムニダ!

名古屋と浜松で盛り上げて,今度はうちらがノーベル平和賞だーヽ(^。^)ノ

Posted by ダイ at 2014年10月12日 19:27
お三方おめでとうございます!
「ついで」で紹介されていた、その天野先生の地元の浜松も歓喜の声が上がってますよ!ヽ(゚Д゚)ノ

この波に乗って名古屋、浜松から世界を盛り上げるぞー!
Posted by chehon at 2014年10月12日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: