2015年11月23日

ちょっと真面目に考えてみよう

皆さんお久しぶりです!
初投稿から半年が経ちましたボイルです。
覚えていてくれているでしょうか?(笑)



11月も半ばを過ぎ、冬に向けて寒さも激しくなってきました。
私も、朝ジョギングしたらその夜熱とだるさに襲われてしまいました。
皆さんも、体調には気をつけてください。( ;∀;)



さて、最近の名大カープのブログのテーマになっている共産思想
読者の皆さんはこれまでの投稿を読んでどんな感想を持っているでしょうか?
難しい内容ではあると思いますけども、この内容を学んだ上で国際事情歴史観を見つめてみると、今までと違ったものが見えてくると思います。



例えば中国

中国は現在では資本主義の考え方を取り入れている一方で、思想面ではまだまだ共産思想が残っています。中国が国際社会から抗議や非難受けていても、それを気にせず自国の政策を打ち出しているのは中国の思想の根底にある共産思想が絡んでいるからです。


今回は、そんな中国特有の思想と、その根底にある共産思想を取り上げていきます。
少々長話になりますが、分かりやすい解説でおなじみのあの方ばりの解説で説明したいと思うので、ぜひ最後までお付き合いください。



中国には、古来から中華思想という考え方がありました。
簡単に言えば「中国こそ宇宙の中心である」とし、漢民族の文化と思想が世界で最高の価値を持つという考え方です。
特に、清の時代では世界最大の版図を持っており、周辺の国々は朝貢を献上していました。

しかし、アヘン戦争の敗退を機に西欧列強から次々と条約を結ばれ、国内がボロボロになりました。
多くの中国人はこの時、こんなことを考えました。


歴史は力のあるものによって作られるのだ。今は、不当な屈辱を受けているが、いずれ中国が力を取り返せば、欧米中心の世界秩序を変えられる。そのときこそ、偉大な中華文明が世界の中心になるのだ。」


この思いは中国人の心の奥底にずっとしまい込まれていました。国内政策の失敗等多くの犠牲がありながらも、今や世界有数の経済大国となりました。そして、自信をつけた中国が満を持して行動をおこしている訳です。

最近の中国の行動の背後には、こうした中華思想や、不安定な国内事情政権内部の権力闘争等多くの要素がからんでいます。
ですが、大事なことはこれらの根底には共産思想があるということです。





共産思想には、次のような内容があります。

「物事の発展には、対立するもの同士の闘争が必要である。それが、自然界の発展法則であり、この考えに対立する人やグループ、国家を倒すことは正しいことである。」

この考え方は、共産主義思想の中で、暴力革命や闘争、戦争を正当化する理論である「唯物弁証法」と呼ばれるものです。

共産主義の理論を大成させたのはマルクスですが、その当時の時代背景が共産思想に影響しています。
マルクス当時の時代背景については、ホークさんや山盛さんの投稿に詳しく載っているのでそちらを見ていただきたいですが、簡単に説明を。
資本主義下のもと、労働者が資本家に搾取されていた時代。そんな社会環境を打破しようと考えられたのが共産主義です。
マルクスは、資本家や資本主義を打破する手段として暴力革命を用いたのです。そして、暴力革命を正当化しようとしたのが唯物弁証法というわけです。

唯物弁証法は、多くの理論によって成り立っていますが、今回は一番有名な矛盾の法則を取り上げていきます



マルクスによると、事物には互いに分かち合えず互いに排除し合うものがあるといいます。
これを、対立物とマルクスは言っていますが、事物の発展にはその対立物の対立や闘争が必要だと言うのです。


例えとして、卵の孵化がよく用いられます。卵において、殻と中の胚子が対立物であるとしています。
殻は殻のままでいようとし、中のヒヨコは殻を打ち破らなければヒヨコになれません。
つまり、現状を守ろうとする殻に対して、殻を破るという闘争心があって初めてヒヨコの誕生という発展ができるという理論です。



しかし、この理論には多くの反論があります。
まず、殻のままでいたいという意志があると誰が解明したでしょうか?
そして、殻と胚子は対立の関係ではありません。殻は、ヒヨコが成長しきるまでヒヨコを守っています。
そして時期が来たら、殻は薄くなってヒヨコが出やすいようになります。なので、成長したヒヨコは難なく殻から出てきます。つまり、殻と胚子はヒヨコ誕生という共通の目的のために互いが協力し作用しながら存在し発展しているのです。

しかしマルクスは、あくまでこの理論をもとに暴力革命を正当化しました。殻を資本家、胚子を労働者に見立てて、生まれてくるヒヨコを暴力革命によってもたらされる社会主義社会としました。



またこの理論は、当時多くの若者を暴力革命に向かわせました。「労働者が資本家を倒して新しい社会を築くことは、科学的に見ても正しい。そして、それは人類の発展になる。」と信じたのです。
そして、この理論は国家間の戦争を正当化しました。労働者→共産国家 資本家→資本主義国家と置き換えたのです。


中国の政策の背後には、資本主義国家を闘争によって倒すことを正義とするこのような共産思想があります。
なので、中国と日本のような資本主義国家とはそもそも価値観が違ってくるので、なかなか衝突の解決に結びつかないのです。



ここまで唯物弁証法のおもな理論を説明していきました。他にも「量から質への転化の法則」「否定の否定の法則」などがあります。
しかし、どれも科学的にみていくと間違いだらけの理論なのです。興味を持った方はぜひ調べてみてください。分かりやすい例と共に紹介されていると思います。


ともかく、マルクスやエンゲルスとって科学的な信憑性は二の次でした。
「暴力革命の正当化」「資本主義を打破した社会主義社会の樹立」それこそが彼らの狙いでした。


時が流れて現在。そのような共産思想が中国や北朝鮮の根底に流れています。
そして、それが原因となって現在の国際関係上の多くの衝突がおきている訳です。


ここで、「事物の発展」について、私達が学んでいる統一原理で書かれている理論について説明しておきます。
統一原理の内容の中に「授受作用の法則」があります。
主体と対象が良く授け良く受ければ、生存・繁殖・作用などのための力を発生する、というものです。

一人一人が自分の為ではなく相手の為に生きていくことで、互いに成長し発展していきます。
さらに、私達人間を始め、植物や動物達等全ての存在するものは互いが共存しながら存在しています。
動物と植物との間の酸素と二酸化炭素の交換が良い例です。
互いが争うのではなく、一つの共通目的のために支え合う関係にこそ大いなる力が生まれてきます。
相手の為に生きあう関係抜きに物事、そして自然界の発展はありえません。
だからこそ、私達は闘争や対立によって発展するという共産思想には真向から反対します。



普段ニュースの内容には関心を持っても、その国の事情思想価値観についてはあまり注目しないですよね。
勿論メディアが取り上げないことも一つありますが、そもそも私達自身の無関心も影響しているのではないでしょうか。



前回の投稿でもありましたが、もう日本は安全だとか、日本は関係ないとか言えない時代です。
平和を願うからこそ、現在の平穏に浸かるのではなく、一人一人が関心を持ち、そして考える機会が
必要ではないでしょうか?

しばらく私達の投稿シリーズは続きますが、このブログが少しでも皆さんのお役に立てるなら幸いです。
長くなりましたが、今回はここまで。次回もまた見てください。ありがとうございました。


2015年11月08日

最近気になる隣の・・・

どーも!こんにちは!夜に読んでくれてる人はこんばんは!
名大CARPの山盛です。


スポーツの秋ですね!つい先日ラグビーのワールドカップが幕を閉じたところに、今度は野球!
世界ランキング上位12か国で頂点を決める、プレミア12が今日から開幕しようとしています。


スポーツ大好きな自分としては毎朝新聞のスポーツ欄が垂涎の的ですが、
ふとした時に、こんな声が脳内で再生されます。


「あれ、大学○年にもなってスポーツ欄しか見てない俺って、、、」



みなさんは、ほかのニュースも見ていらっしゃいますか?


新聞をめくれば、テレビをつければ、最近は中国に関連する記事が多いですねー。
中国の行いに対し、アメリカも日本も周囲の多くの国があくせくしています。



そんな中国に正しく対そうと思えば、中国の思惑、行動の背後の思想を知らなければならない!




ということで我々名大CARPでは、毎週水曜日に定例研を行っております。
先日4日も外部から講師をお招きしまして、「中国の暴走と日本の安全保障」というテーマでお話を聞かせていただきました。



普段ニュースを見ながら、その背後にはどんな思惑、狙いがあるのか。考えたりしていますか?
何気なく「へー」で流してしまうことが多いのではないでしょうか?





でも、少なくとも中国の思い描く2050年の世界地図には、日本という名前はないんですって・・・(;゚Д゚)





そんな馬鹿なと笑いますか?そうは言ってもと楽観しますか?
それとも、危機感を覚えましたか?


みなさんはどう感じましたでしょうか?


なかなか自分事として感じられない分野かもしれませんが、知らず知らずに流されて、こんなことになるなんて知らなかったと後悔することもあるかもしれません。

正しい知識を持ち、本質を見抜けるようになりたいですよね。
まずは関心を持つ所から。自分たちもできうる限り自分たちなりの考えを発信していこうと思います。




というわけで前置きが長くなりましたが、今回の本題です。
前回の続きになりますが、愛読者様方!先日(10月30日)のホークさんの投稿は見ていただけたでしょうか?

中国やロシアのような、今や世界に多大な影響力をもつようになった国の根底に流れる共産思想というものについて見ていきましょう。
やや堅苦しい単語が増えますが、できるだけかみ砕いて書くので、チャンネルはそのままよ!(笑)



さて、前回は、マルクスがなぜ共産主義思想を生み出すに至ったのか、その背景をたどりました。

マルクスは神を信じていましたが、その身に降りかかる多くの理不尽に絶望し、神への憎悪を抱くようになります。


「宗教はアヘンである」


こんな言葉を聞いたこと、ありませんか?
これもマルクスの残した割と有名な一言ですが、宗教を信じることは麻薬を打って現実逃避をするように現実がわからなくなっているのだ、という意味です。

神や宗教を否定するが故の言葉ですが、当時のヨーロッパはキリスト教社会です。


そんな中でいきなり神なんていない!と叫んでも誰も相手にしないですよね?


だからマルクスは自分の思想に論理的な根拠を持たせるため、「人間の本質とは何か」「不幸の原因とは何か」という問題に対して従来のキリスト教に代わる新しい理論を模索します。


そうして生まれたのが共産主義思想の根幹となる「人間疎外論」「共産主義唯物論」です。


マルクスは経済学者としても有名ですよね?彼は当時の社会における労働者資本家(当時はすなわち工場の経営者)との関係の中に次の四つの疎外を発見したというのです。
ここでいう疎外とは、本来のあり方から外れているということを意味します。


第一に、「労働者からの労働生産物の疎外」です。
労働者がいくら汗水たらして商品を生産しても、それは労働者のものにはならず、資本家のものとなってしまいます。
そして資本家の私有財産が増えれば増えるほど、その資本が新たな労働者を支配します。


第二は、「労働者からの労働の疎外」です。
マルクスは「人間の本質は労働であり、労働にこそ人間の最も本質的な喜びがある」と言いました。
しかし、当時の労働環境は今のように整ってはいないですし、労働に喜びを見出せていた人間なんてほとんどいませんでした。
それを、疎外によって本来の人間らしさが失われている状態だとしたのです。


第三は、「類的本質からの疎外」です。
難しい単語ですが、人間の本質が労働であるとしているので、その労働が疎外されている状態は、労働者としてのみならず、人類としての本質を失っているという主張です。

第四は、「人間からの疎外」です。
労働者は本来、自分が作った生産物によって消費者が喜ぶ姿を見ることができたはずです。
しかし資本主義社会では、消費者は安い商品を求め、労働者は高く売れることを願うため、対立関係にならざるを得ず、本来の人間関係を失っているという主張です。



以上の四つの疎外によって、資本主義社会は人間の本質を蔑ろにして、不幸をもたらしていると結論しているわけです。



さらに、「これら四つの疎外のさらに究極的な原因(原罪)は資本、すなわち私有財産である。」とし、



「原罪(私有財産)を持つ資本家を、原罪を持たない神聖な労働者が打倒しない限り、真の人間性は取り戻せない」

と訴えました。


これが共産主義の革命理論です。


マルクスは神を否定するため、「人間疎外論」「共産主義唯物論」を書きあげ、その普及のためには暴力革命しかないと考えました。
マルクスが生涯をかけて書きあげた共産主義理論は膨大ですが、そのほとんどがこの暴力革命を正当化するための理由付けです。



みなさんだったらどう受け止めるでしょうか?

当時の不遇な扱いを受けていた労働者たちはこれに同調し、スターリンなどは全世界の共産化を目論み工作しましたから、激しい闘争の末に共産化する国が後を絶ちませんでした。
一時期は世界地図にして約3分の1が共産主義のに染まったといいます。


しかし、蓋を開けてみれば、いまだ共産主義体制を保っている国は稀です。
ほとんどの国は共産主義理論に従っても立ち行かず、国民の不満ばかりが募り、自由化・民主化のあおりを受けたからです。


というのも、そもそもが、マルクスが神を否定したくて一生懸命考えた理論であるので、そこに絶対的な真理性はなく、ぶっちゃけると突っ込みどころ満載なのです。




私たちの学ぶ統一原理では、真っ向から否定しています。


人間の本質は労働ではなく、心情創造性です。
喜怒哀楽を感じたり、愛し合ったりできる心や情の交わり、あらゆるものを生み出し不可能を可能にしてきた知能・創造性は人間だけに与えられたものですよね。
他の生き物にはないものです。


マルクスは「人間の本質は労働である、労働こそが人間の最高の喜びであり幸福である。」と説きましたが、労働環境が整った現代でも、仕事・労働に一番の喜びを見出している人は多くありません。
大多数は家族・友人とのふれあい、仕事以外の部分に幸福感を感じ、それを守るために働くのではないでしょうか。
確かに労働は幸せに必要な要素ですが、本質ではないのです。
そこをマルクスははき違えています。

そして、世界がいっこうに平和にならない、テレビをつければ殺人事件自殺のニュースが目に入る、そんな不幸の原因(原罪)も、もちろん私有財産などでは有りません
それは人間の欲、他人を陥れてまで、あるいは自分だけが良ければいいという自己中心の欲望です。


確かに当時の社会ではその欲望が資本家の富に収束していたため勘違いしやすいですが、これはあくまで心の問題です。
だからその欲は、私有財産を撤廃したところでなくなりません。
原罪は、人間始祖(最初に生まれた人間)が神の戒めを守らず罪を犯したことであり、残念ながら私たち人類は、その時の自己中心的な要素を血統的に受け継いでしまっています。



さて、細かく見ていけばまだまだ語りつくせない共産主義ですが、随分と長くなってしまったので続きは次回とさせていただきます。

私が一つ訴えたかったのは、共産主義は暴力を是としていることです。
中国が共産化した時のトップである毛沢東はこんな言葉を残しています。


「政権は銃口から生まれる」



彼らは「テロリストの掃討だ」としか答えませんが、共産主義による実質的な弾圧・虐殺の被害者は全世界で1億人を超えています。
これは二度の世界大戦による合計の死者数すら上回ります。そして、今なお増え続けています。

悲惨な中国の裏側に興味がある人はYoutubeで「東トルキスタン」と検索してみてください。



共産主義という思想は、人を殺すのです。



そんな思想を持った国が今や世界の覇権を狙っています。
虎視眈々、なんてもんじゃなく恐ろしいほど大胆に。

中国ロシアが、

いくら市場経済を導入していても、
いくら選挙を行っているといっても、
いくら経済大国化したとしても、
いくら影響力のある人物NO.1に選ばれようとも、

深い深いその背後の思想には、暴力によって自分の都合のいいように現状を変革し、世界を独裁せんとする共産主義が浸透しているということを覚えていてくれたら幸いです。





最後にもう一度だけ。





中国の描く2050年の世界地図には、日本という名前はないそうです。



みなさん、どう受け止めますか?